毎日歯磨きどうしてる?正しい歯磨きですっきり健康な毎日を!

>

虫歯が与える健康被害

基本の歯ブラシの選び方

歯はただ磨けばいいというものではありません。
自分の口や歯の大きさや形に合った歯ブラシを利用しないと、しっかりと歯が磨けず磨き残しが発生し、その磨き残しが口内トラブルの原因となってしまいます。

結論から言うと、虫歯を予防するためには毛がふつうか硬め、ブラシ部分(ヘッド)が小さめ、毛は細めの歯ブラシがオススメです。

毛が硬めだと歯垢が落としやすくなりますが歯茎を傷つけやすくなってしまいます。硬めの歯ブラシは普段弱めの力で磨いている方にオススメです。
柔らかめのブラシは歯茎に負担がかからない分、歯垢が落としづらくなります。

ヘッドが大きすぎると細かい部分が磨きづらくなってしまうので、小さめのものがオススメ。毛が細めの方が良いのも歯の隙間の磨き残しを防ぐため。
虫歯予防のための歯ブラシは「細かいところまでしっかりと歯垢が落とせそうなもの」を選びましょう。

歯ブラシの交換時期は?

推奨される歯ブラシの交換時期は1か月に1本です。

歯ブラシは口内の汚れを落としてくれる優れものです。しかし、その汚れは歯ブラシの根本に蓄積されていってしまいますし、使い続けた歯ブラシは毛が開き、十分に歯垢を落とせなくなってしまいます。
毛が開いてしまった歯ブラシの洗浄力はなんと40%も低下してしまうと言われています。

「一か月で交換してしまうなんてなんだか勿体ない…。」と思ってしまう方も居るかとは思いますが、歯ブラシは口内環境を守るために重要なもの。そうは言っていられません。
歯ブラシの背中側から見て、ブラシの毛がはみ出ていたら交換時期のサインです。そうでなくとも、少なくとも一か月経ったら交換するのがオススメです。


Share!
TOPへ戻る