毎日歯磨きどうしてる?正しい歯磨きですっきり健康な毎日を!

>

その磨き方でOK?磨き方のコツ!

磨きにくいところを意識しよう!

一番大切なのは磨きにくい場所を把握しておくこと。

鏡で自分の歯を見てみてください。一本の歯の表面にも細かな凹凸があったり、歯と歯の間や歯と歯茎の間に細かな溝がたくさんあることがわかると思います。
歯垢が溜まりやすいのはそういった歯ブラシの毛が届きにくい隙間です。
これらの隙間を綺麗にすることを意識して、1本ずつ丁寧に歯を磨くことを意識しましょう。

歯並びに問題がある方の場合、ブラシを横に動かしているだけでは綺麗に磨くことができません。
そういった場合はブラシを縦にして歯の表面全体やへこんだり飛び出してできている隙間にブラシを添えて丁寧に磨きましょう。

歯の隙間の汚れを効率的に落とす為、デンタルフロスや歯間ブラシを使うのもオススメです。

歯磨きのタイミングは?

歯磨きの適切なタイミングについては専門家の中にも様々な意見があるようです。
よくベストなタイミングは食後30分以内と言われていますが、酸蝕症(さんしょくしょう)というエナメル質が溶け出してしまう病気にかかっている人が食後すぐに歯を磨くと歯に傷がついてしまいます。

自分が酸蝕症かわからず不安な方は、食後に口をゆすぐなどして口内の酸化を防いだり、食後30分から1時間以内に歯を磨くようにすると良いでしょう。
また、時間に対してあまりに神経質になるよりかは、まず「食後に歯を磨く」という習慣を付けた方が効果的だそうです。

また、就寝前の歯磨きも虫歯予防・口臭対策に有効です。
寝るときは口内環境を整える効果を持つ唾液の分泌量が少なくなるため、食べかすなどが残っていると口内の菌が繁殖してしまうのです。


Share!
TOPへ戻る